公益財団法人長野県長寿社会開発センター

〒380-0936 長野市大字中御所字岡田98-1 長野保健福祉事務所庁舎内

TEL 026-226-3741 FAX 026-226-8327

北信 シニア大学

【レポート】シニア大学北信学部 1学年5~7月の授業の様子を紹介します。

 長野県シニア大学北信学部の5~7月に行った授業から、一部を抜粋してご紹介します。

5月27日(金)『学部長講話』

 5月12日(木)の入学式後、初の講座は北信保健福祉事務所長 長瀬有紀学部長の講話でした。「長野県健康長寿今昔~健康づくりから地域づくりへ」と題した内容で、健康長寿のための12か条を教えていただきました。その後、班に分かれ、①人と関わることで健康につながることは?②地域に何があったら健康につながる?③自分でできそうなこと、やりたいことは?―について話し合いました。

6月10日(金)『アイスブレイクで仲間づくり』

 アイスブレイクとは、初対面の人同士が出会った時、その緊張をときほぐすための手法で、参加者の不安や緊張を氷に例え、その「硬い氷をこわす、溶かす」という意味です。この日の授業では、じゃんけんや簡単なゲームをして緊張をほぐし、これから2年間共に学ぶ仲間同士で楽しい時間を過ごしました。

6月24日(金)『人生棚卸』

 長野県長寿社会開発センターの内山二郎理事長が講師を務め、自分の来し方を振り返り、人生100年時代をいかに自分らしく、充実した人生を生きるかを構想しました。自分史年表を作成し、それをもとに、その時々の出来事や思いを「人生道路地図」として視覚的に表すことによって、これからの人生をどのように生きるか、未来の自分を考えました。

7月22日(金)『森林セラピー体験』

 この日の授業は、飯山市の最北部、標高500mのなべくら高原にある、自然体験型宿泊施設「なべくら高原・森の家」で行いました。
 前日夜に降った雨も上がり、恵まれた天候の下、森に囲まれた世界で“優雅な時間“を過ごしてきました。森林セラピー体験では、なべくら高原ブナの森を「森の案内人」と一緒に散策し、鳥のさえずりや森の香り、吹き抜ける風や木々の揺らぎを感じ、日常の忙しさを忘れてゆったりと森の時間を堪能してきました。

1576

11929

5784

1578

1580

賛助会員募集中

1579

情報誌「信州りらく」の購読はこちらへ

1589

当センターは長野県災害時支援ネットワーク構成団体です

1593

(公財)長野県長寿社会開発センターでは、高齢者の「健康づくり」とともに「精神的な充実」を車の両輪として社会参加等の面からも健康長寿世界一に向けた取組を支援します。