公益財団法人長野県長寿社会開発センター

〒380-0928 長野市若里七丁目1番7号 (長野県社会福祉総合センター5F)

TEL 026-226-3741 FAX 026-226-8327

シニア大学

【専門コース】概要

令和2(2020)年度はシニア大学「専門コース」も休校します。

昨今の複雑化した社会に対応するため、地域の課題に気づき、そして行動を起こし、解決することができるシニア世代の活躍が一層重要になっているとともに、高齢者自らが「居場所」と「出番」を拡大し、社会参加等を進めていくことも必要です。
このため、様々な地域課題に向き合って解決する”発想する力、連携・協働する力、合意形成力、コーディネート力”などのスキルを持ったプロデューサー的な人材(仕掛人)を養成することを目的に、2020年度も長野学部へ設置します。

令和2年度長野県シニア大学は休校いたします。理事長メッセージはこちらから。

シニア大学休校中の専門コースの対応

講師メッセージ

コロナ禍で、シニアの地域活動の自粛が続いています。今この時をどのように捉え、どのような日々を送ったら良いのか。専門コース共通科目の講師、尚絅学院大学の松田道雄先生から、新たな暮らしのヒントを寄稿していただきました。2020.06.16追記

特集・ウイズコロナ時代をどう生きるか より「新たな暮らしのヒント」

通信の発行

通信を発行しています。

授業風景
令和元年度最終報告会(2020.1.24)
 

【専門コース】概要

地域課題を的確に捉えそれを解決する専門的なスキルを持ったリーダーやプロデューサー的な人材の養成を目指します。

入学資格 

概ね50歳以上の県内在住者

学習時間

(1) 受講年限は1年間です。
(2) 学習は月に1~2日(自主活動は含まない)で、学部で定めた授業日に登校します。
(3) 学習はゼミ方式を中心に行います。

授業料等

授業料は年額26,000円で、この他に、自主活動などに要する経費が必要となる場合があります。

 

募集について

学習内容・テーマ

活動計画を立て地域に出向きながら実践を通じて学び、活動者として地域課題に取り組むことができるよう多彩な講座を設けています。

テーマ

内容

ライフデザイン
(創造的な生き方)

充実した人生設計や知識・経験の継承等により、創造的な生き方を目指します。

コミュニティデザイン
(地域創造)

地域で共に暮らしていくために、地域の人と人とのつながりを深め、住民が主体的に活動する地域の形成を目指します。

ビジネスデザイン
(社会的起業)

地域課題の解決のために、ビジネス的な手法を学び社会的起業を目指します。

2019年度学習計画

一人ひとりの企画に学生と講師でディスカッションします

 修了後について

専門コースを修了した方は、センターのシニア地域プロデューサー(登録者名簿もこちらから)として登録し、各地域で活動を行っています。

修了後の活動 例

ライフデザインコース

・地区の生活支援コーディネーターと連携し活動(男性 70代)
・地域の歴史ガイドボランティア(男性 70代)
・趣味の大正琴で地域のグループを立ち上げ(女性 50代)
・自転車に紙芝居(復刻版)をのせてライブ活動(男性 60代)
・「近くの御節介屋」を目指し、活動中(男性 70代)
・移住後、趣味で地域とつながる。婚活ボランティア継続(女性 60代)
・自分の持ち味(資格・自宅縁側)を地域に伝えようと企画中(女性 70代)

 

コミュニティデザインコース

・NPO法人取得に向け進行中(男性 60代)
・地区ボランティアセンターで企画提案・実施(男性 60代)
・社協連携し、災害時の高齢者世帯・高齢単身者をフォローする体制づくり(男性 60代)
・昭和文化を伝え楽しむ会の活動を継続(男性 60代)
・男の居場所スタート(男性 80代)
・自治会で住民の勉強会を企画(男性 70代)
・子ども食堂で地域活性(男性 60代)
・地域の支え合い活動(男性 50代)
・観光ボランティア(男性 60代)
・美術館ボランティアスタッフリーダー(男性 60代)
・地区初のふれあい音楽祭開催(男性 60代)
・持ち家を貸し出し、居場所づくり(男性 70代)
・高齢者の居場所づくり(女性 70代)
・子ども食堂・生活困窮者支援活動(女性 60代)
・特技の郷土料理を通して人とつながる活動開始(女性 70代)
・「のうてんき」活動を他の活動団体とコラボして活動中(男性 60代)
・地域クラブで新企画を立て活発化に挑戦中(女性 60代)
・「ながの男の脳喝倶楽部」と関連団体と連携し活動中(男性 60代)
・子どもだけではなく障がい者、高齢者と共に街中で芸術に触れる企画を実施中(女性 70代)
・「防災士」「ボランティアコーディネーション力3級」の資格を活用し活動中(男性 70代)
・「吊るしびなの会」を立ち上げ、仲間10人と元気に活動中(女性 70代)
・専門コースでの様々な情報を基に地区の新事業の企画捻出中(女性 60代)

 

ビジネスデザインコース

・伝統野菜の生産と世代間交流の企画(男性 70代)
・IOTを活かしたビジネス活動(男性 50代)
・NPOセンタースタッフとして就職(男性 60代)
・NPO法人設立(男性 60代)
・国際ユースキャンプ取り組み(女性 50代)
・老人福祉センターで男の料理教室をスタート(女性 60代)
・マコモタケの直販と竹細工で子どもと交流(男性 60代)
・村の助成金を獲得し、営農組合活動を本格化(男性 70代)
・子どもの居場所・男の居場所づくり。助成金獲得(男性 60代)
・高校生向け県内企業紹介誌発行(男性 50代)
・自然を守る農業について地域住民と座談会開催(男性 60代)
・若者支援。地域プロデューサー通信を発行(女性 50代)・困りごと・よろず相談事業企画(男性 60代)
・3年後の法人設立に向け準備及び学習支援のボランティア活動(男性 50代)
・「遊休農地を緑に」を掲げ初期段階の“植栽、仲間づくり、広報”について取組む(男性 60代)
・高齢者の余暇活動支援を企画。施設や社協から見守り支援ボランティアの依頼を受け活動中(男性 60代)
・身近な高齢者等の相談事(手続きや買い物代行等)を通した様々な人のネットワークづくり(男性 60代)
・地域の視点、生産の現場、課題等を再考し、地産地消、6次産業化を視野に具体策を立案中(男性 60代)

 

問合せ先

公益財団法人 長野県長寿社会開発センター(長野県シニア大学本部)
〒380-0928 長野市若里7-1-7  TEL:026-226-3741  FAX:026-226-8327

5784

1576

シニア大学学生募集案内

1578

1580

賛助会員募集中

1579

情報誌「信州りらく」の購読はこちらへ

1589

当センターは長野県災害時支援ネットワーク構成団体です

1593

(公財)長野県長寿社会開発センターでは、高齢者の「健康づくり」とともに「精神的な充実」を車の両輪として社会参加等の面からも健康長寿世界一に向けた取組を支援します。